小学校受験で大事なこと

近年一人っ子の世帯が増加しています。

それは仕事を抱える夫婦が多く、子育てを長期にわたって行うことが不可能だからです。

一人っ子であると収入の多くを子供の教育費に充てることができます。

そこで私立や国公立の小学校受験を検討する親も多くなっています。

小学校受験で大事なことは、受験に特化した塾や予備校に通わせることです。

小学校を受験することは特殊であり、独自のノウハウや受験対策を行わないと決して合格を勝ち取ることができないからです。

小学校受験の多くで重要なことは、受験課題として子供の頭の柔軟性を見られるということです。

想像力や思考力、瞬発力やひらめき、絵画や工作的能力など多角的に子供の頭の柔軟性や回転の速さを試されるのです。

そのため体育、音楽、算数、国語、ダンス、工作など様々な分野を網羅した学習塾や予備校に子供を通わせて、受験することが大事です。

また面接なども重要視され、両親の教育方針や両親の品性なども受験で試されます。

塾は行動観察をクリアするための学習の場にも

試験そのものの点数だけではなく、その生徒の行動をチェックして評価することを行動観察と呼びます。

例えば先生が何かしら指示を出しているときに聞かずに遊んでいたり、みんなが整列しているときに1人だけはみ出して行動したりすると、行動観察では減点されるケースもあるでしょう。

こうした行動は、集団行動に向いていないとみなされてしまいます。

いざ入学してから生徒自身も困りますし、学校側もその児童に特別に手を掛けなくてはなりません。

学校側としては、学力以外にその学校に適応している生徒かどうかを見極める必要があるのです。

入試の際の行動観察で減点されないためには、日々協調性を養うなどの訓練の積み重ねが大切です。

塾に通うことも、ある意味行動観察をクリアするための練習の場ともなり得ます。

塾のクラスでみんなとうまく過ごすことや自分勝手な行動を慎む体験を学べるからです。

塾は学力を付けるだけでなく、集団生活を身に付ける時間としても活用すると良いでしょう。