受験前の体調管理に注意

小学校受験は、たいてい10月から11月あたりに行われます。

この頃というのは急激に気温が下がる場合があるため、体調管理をしっかりしておく必要があります。

急激な気温の低下があると、風邪やインフルエンザなどにかかってしまう可能性が高まります。

寒さに慣れてしまう2月ころなら意外と風邪やインフルエンザにかかりにくかったりするのですが、初冬のころは油断していると突然ウイルスにやられてしまうかもしれません。

せっかく小学校受験に向けて準備してきたのに、体調を崩して受験できなかったなんてことになったら目も当てられません。

特に気をつけたいのが冷たい雨にうたれたりして体を冷やしてしまうことです。

子供は雨の日などでも外で元気に遊びまわったりしますが、小学校受験を控えている場合は、あまりそういうことをさせない方がいいでしょう。

通わせている保育園や幼稚園などでインフルエンザなどが流行っている、もしくは流行りそうな予兆がある場合は、しばらく通わせるのを止めさせるのも悪くありません。